芸能・速達まとめたる

最新の芸能ニュースはこちら。芸能ニュース記事一覧。熱愛、結婚、破局、ゴシップネタなど、注目の人物にまつわる情報をお届けします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    タグ:24時間テレビ



    (出典 img.jisin.jp)


    完全にアウト案件だったんですよね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    でも、罪を償って芸人になりましたが。


    そこから今のキャラは凄いと思いますね。完全に素で今の状態なんですかね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/02(月) 06:08:05.53 ID:ev2UTNZf9.net

    8月24日から25日にかけて生放送された「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(日本テレビ系)の一部企画にかけられた“捏造疑惑”が大きな反響を集めている。

    24日深夜に放送されたコーナー「お節介バラエティー“あの人に会いたくない!”」において、捏造によるやらせ疑惑の犠牲となったのは吉本興業の人気お笑いコンビ・EXITの兼近大樹だ。
    出演タレントと過去に大きな因縁を持ち、現在は絶縁状態にあるという人物から様々な裏情報を引き出そうという同企画だが、兼近の前に現れたのは中学生時代に交際していたという現在ユーチューバーのマナさんで、
    番組側が制作したVTRの中で彼女は兼近の二股交際を目撃してしまったことが原因で破局したと証言。

    他にもマナさんは「(兼近は)本当にクズでした」「女の子の噂が絶えなかった」などと告発し、必死に悪評を否定する兼近の声はかき消され、スタジオからも彼に対する大ブーイングが飛び交っていた。
    しかし、この放送直後にマナさんは自身のYouTubeチャンネルを更新し、「伝えたいこと」と題した7分間の動画をアップすると、実際に兼近の不貞の現場を目撃した訳ではなく、
    24時間テレビのスタッフから“兼近さんは実は二股してたんですよ”と聞かされたことを告白。また、スタッフから“兼近の悪いエピソードをたくさんください”とそそのかされた事実も明かしたものの、
    「いっぱい(悪いエピソードを)考えたんですけど、実際そんなに無くて」「私は本当に兼近のことが大好きで、全部が良い思い出で感謝しかないです」などと主張している。

    「他にも番組内で紹介された、兼近の二股を原因とするマナさんの男性不信についても『男の人が怖いと思ったこともない』と否定し、ほぼ全てのエピソードが24時間テレビ側によって作り上げられた捏造であることを示唆しています。
    スタッフが兼近の二股情報をどこから得たのかは分かりませんが、デビューして間もなくバラエティ番組から引っ張りだこの人気者状態となり、
    ネットでの好感度も抜群に高いEXITの兼近に“クズエピソード”があれば、そのギャップがウケるだろうと考えたのかもしれませんね。

    いずれにしても、一般人が気軽に動画を配信できたり、SNSが盛り上がりを見せているこの時代にはあまりにも不用意なやり方だったと言えるでしょう」(テレビ誌ライター)

    ネットには「妹さんの学費を稼ぐために高校を中退してまでアルバイト頑張っていた兼近さんがそんなひどいことするとは思えない」
    「頑張っている人の足を引っ張ってそれのどこに愛があるのでしょう」「チャリティーとは関係ない内容だし、相手が芸人なら何やっても良いというわけではない」など、兼近を憐れむ声が圧倒的多数だ。

    ハンサムなルックスで女性人気を鷲掴みにし、家族思いのタフガイ気質では同性からの支持も獲得する。このあまりの人気ぶりがターゲットにされた理由の一つなのかもしれないが果たして…?

    http://dailynewsonline.jp/article/1987932/
    2019.09.01 10:15 アサジョ


    【【芸能】EXIT兼近が「24時間テレビ」で“やらせ”のターゲットにされた理由とは?】の続きを読む



    (出典 wezz-y.com)


    もともとだいぶ厳しい登山になるとのことだったので断念でよかったんじゃないんですかね(・・;)

    その分制作費などはだいぶかかってることだと思いますが。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/26(月) 14:52:42.91 ID:ydPMk4MT9.net

    【モデルプレス=2019/08/26】
    女優の土屋太鳳が26日、自身のInstagramを更新。
    24日から25日に放送された日本テレビ系「24時間テレビ42 愛は地球を救う」にて、スイス・ブライトホルン登山への挑戦を終えた心境をつづった。


    ◆土屋太鳳、スイス・ブライトホルン登山断念 心境つづる

    土屋は、潜在性二分脊椎症と戦う北海道札幌市の須貝蒼太くんと、母の有夏さんらとともに、スイスにそびえ立つ名峰4164mのブライトホルン登山に挑戦。
    しかし、悪天候に見舞われ、登山は断念せざるを得ない悔しい結果となった。

    そのことについて、土屋は自身のInstagramにて心境を報告。「みんな揃っての最後のお食事を噛みしめて、荷づくりを整え、眠ろうとしている今でも、雲に包まれた時のいろいろな感情や、話し合いで積み重ねた言葉。
    須貝蒼太くんはじめ皆の表情。そして、映像や音声や文字を通して、伝えてくださった応援への感謝と、歌からいただいたパワーがリアルによみがえります」と心境を明*。

    続けて「だからこそ言葉にすぐ出来ないのだけれど、これだけはお伝えしたくて…(中略)本当に本当に本当に、言葉が足りなくてもどかしいけれど、本当に本当に、ありがとうございました!!!!!!!!感謝の気持ちでいっぱいです。
    どんなに励まされたことか。この出会いで知ったいろいろなことと、一歩一歩進んだ感覚を心にあたためつつ 、引き続き、進みたいです。
    まだ言葉にしきれないから、移動をしながらゆっくりお伝えしたいなと思います」と感謝をつづった。

    最後に「本当に美しい朝日でした…!写真は、朝日の中継直前の空と朝日が出た後の空。夜があるから朝があるという、当たり前のことだけれどすごく大切なことの、その大切さにあらためて心も身体もまるごと気づいて、あたためられた時間でした。
    ありがとうございました!!!」と文章を締め、ブライトホルンでのショットを公開した。

    ◆土屋太鳳の心境報告にファンからあたたかいメッセージ

    ファンからは「太鳳ちゃんお疲れさまでした!ゆっくり休んでね!」「そうたくんと太鳳ちゃんの挑戦に心打たれました。ありがとう」「皆さんの姿かっこよかったです」などのあたたかいメッセージが多く寄せられている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16983793/
    2019年8月26日 13時40分 モデルプレス

    h
    (出典 imgc.eximg.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】土屋太鳳、「24時間テレビ」アルプス登山断念の心境吐露】の続きを読む


    普通に完走したことは凄いと思います!(・・;)


    その上で司会もしっかりとやってめっちゃ働くなって思いましたね。


    もちろんいつもよりもギャラは多いと思いますが。



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 23:42:28.44 ID:NmIEagMK9.net

    日本テレビ「24時間テレビ42」(24日後6・30~25日後8・54)の24時間駅伝で、総合司会として番組史上初めてチャリティーランナーを担当した同局の水卜麻美アナウンサー(32)が25日、
    同局「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に生出演。
    「今はすっごく元気です!」とテンション高く報告した。

    水卜アナは24時間駅伝の第3走者として42・195キロを6時間9分で走破し、総合司会としても番組を終始、切り盛りした。
    大役を終え、「本当に胸がいっぱいで、こんなにおなかいっぱいというか、こんなにいろんな思いを受け取れて幸せだな」と率直な感想を口にした。
    26日も朝から情報番組「スッキリ」(月~金曜前8・0)への出演を控えている。

    水卜アナは、走行中に同局「ヒルナンデス」で共演していた南原清隆(54)から激励の電話を受けて涙したことに触れ、
    「沿道の方もそうですけど、友達から先輩からいろんな方から応援してもらって、ありがとうというつもりが、逆に力をもらって。
    今はすっごく元気です!ビックリしています、自分でも」と笑顔をはじけさせた。第1走者のハリセンボン・近藤春菜(36)、第2走者のガンバレルーヤ・よしこ(28)、
    最終走者のいとうあさこ(49)とたすきをつないでゴールできたことがうれしいと明かした上で「最高のメンバーです」と絆もアピールしていた。

    水卜アナについては、シークレットとされていた4人目の走者であることが24日に同番組で発表され話題となっていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16981021/
    2019年8月25日 23時18分 スポニチアネックス


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【芸能】24時間テレビ完走の水卜アナ「今はすっごく元気です!」、フルマラソン&総合司会大役果たす】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    こういった機会がないと伝えたりって出来ないですよね(・・;)

    嵐も活動休止しちゃうんですね。



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 22:23:07.95 ID:NmIEagMK9.net

    アイドルグループ・嵐の相葉雅紀が25日、グループでメインパーソナリティーを務める日本テレビ系大型特番『24時間テレビ42』(24日18:30~25日20:54)の中で、メンバーへの手紙を披露した。

    2004年の『24時間テレビ』でもメンバーに向けて手紙で「トップになりたいという夢は絶対に叶えようね。嵐でよかった」などと思いを語っていた相葉。15年ぶりとなるメンバーへの2度目の手紙を、目に涙を浮かべながら読み上げた。

    相葉は「1999年にデビューして20年が経つね。一日一日を本気で、全力で生きてきたよね。悔しい思いもいっぱいして、たくさん涙を流したから、心の底からうれしいことも笑えることもたくさんあったよね」と20年間を振り返り、「僕にとってメンバーは最愛のパートナーです」と表現。「自分の中で限界だと思ったときも、みんなとだったら越えられてきて、その先にまた限界がくる。メンバーがいたから僕は成長させてもらいました。本当に本当に感謝しかないです。世界中の感謝を集めても足りないくらい感謝しています」と感謝した。

    2020年いっぱいでグループとしての活動を休止すると発表している嵐。相葉は「この2年、大きな決断をするために、5人でも、各メンバー2人きりでもたくさん話し合ってきましたね。5人が納得するまで何度も何度も話し合いを重ねて出した答えが休止。僕らで出した答えに後悔しないように、残念な結果にならないように、手と手を取りあって前に進んでいこうね。僕らのやるべきことは後ろにはないし、右でも左でもないし、まっすぐ前に進んでいこうね」と語りかけた。

    続けて、「僕は、“休止”と書いて“パワーアップ”と読むと思っています」と言い、「パワーアップした僕たちは、応援してくれるみんなのために、メンバー一人ひとりが愛している嵐のために、近い将来、絶対グループ活動しようね。でも、その前にまだ叶ってない夢、この5人で絶対にトップになろうね」とメッセージ。「本当に本当に嵐でよかった。相葉雅紀」と締めくくった。

    サプライズの手紙に櫻井翔、大野智、二宮和也、松本潤は驚きながら、相葉の思いを受け止めていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16980795/
    2019年8月25日 20時49分 マイナビニュース


    【【芸能】嵐・相葉雅紀「休止と書いて“パワーアップ”」 15年ぶりにメンバーへ手紙】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    自分は24時間テレビが嫌いです( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    チャリティー番組なのに莫大なギャラをもらう出演者がいるのはおかしいです。



    1 muffin ★ :2019/08/25(日) 13:15:33.92 ID:oMkd4Txv9.net

    http://japan.techinsight.jp/2019/08/miyabi08250102.html
    2019.08.25

    放送プロデューサーなどとして活躍するデーブ・スペクター氏の『24時間テレビ』に関するツイートが大きな反響を呼んでいる。「英語が苦手」と言う彼は、頻繁に耳にする“スペシャルサポーター”の意味がよく分からないという。

    例年通り賑やかにスタートした『24時間テレビ』に対し、強烈な皮肉を放ったのがデーブ・スペクター氏である。24日の『デーブ・スペクター dave_spector ツイッター』で、

    「“スペシャルサポーター”の意味が分からない」として次のように述べている。

    「ギャラもらってるならばサポーターではなくスポークスマンになる。よっぽどの大物やそれこそ友情出演ではない限りは“スペシャル”と言うのも変。」(原文ママ)

    これに対し、リプライ欄では「お花畑の日本人だけが感動する番組なんだよ。出演者はギャラ貰ってるし」「交通費実費じゃなく“ギャラが払われる芸能人”は“ボランティア(志願者)”ですらないですね」「マツコ・デラックスの“デラックス”みたいなもので、深い意味は無いのでは」「デーブはいちいち面白いなぁ」「すてきな嫌味ツイで嬉しくなりました」「意外と英語に詳しい」など、デーブ氏の意見に納得する声が多く見受けられた。


    【【芸能】デーブ・スペクター、『24時間テレビ』“スペシャルサポーター”に「ギャラもらってるならサポーターではなくスポークスマン」】の続きを読む

    このページのトップヘ