芸能・速達まとめたる

最新の芸能ニュースはこちら。芸能ニュース記事一覧。熱愛、結婚、破局、ゴシップネタなど、注目の人物にまつわる情報をお届けします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    カテゴリ:お笑い芸人 > 大崎洋(吉本興業ホールディングス株式会社会長)



    (出典 cdn.asagei.com)


    大崎会長の立場からだとそう思いますよね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    でも、この問題はそこじゃなくて税金がかかってるということも問題視されてますね!

    こんな騒動を起こしている会社に税金が使われてるのは納得できないですしね。

    1 幻の右 ★ :2019/08/01(木) 02:43:40.29 ID:ZLRJMWC99.net

     雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)らの闇営業問題をきっかけに勃発した吉本興業のお家騒動。ここにきて吉本興業ホールディングスの大崎洋会長(66)が、極楽とんぼの加藤浩次(50)に対し激怒していることが「週刊文春」の取材によってわかった。

     加藤は、7月22日、自身が司会を務める「スッキリ」(日テレ系)で、大崎会長(65)、吉本興業の岡本昭彦社長(52)に対し、辞任を迫っていた。

     吉本興業関係者が明*。

    「大崎氏は身を引くつもりはさらさらない。岡本氏を辞めさせるつもりもありません。一方、反旗を翻した加藤に対し『絶対に許さない』と言っているそうです。宮迫だけでなく、加藤も吉本興業に残ることはできないでしょう」

     大崎氏の意を受けた岡本社長が「加藤追放」に向けて着々と動いているという。

    「岡本氏は『加藤のバックには、いわくつきの元社員がいる』などと、さかんに記者へリークしています」(同前)

    「週刊文春」が、この元社員を電話で直撃すると、「そんなことあるわけないじゃないですか。加藤とは(自分が吉本を)辞めてから一度も連絡を取ってませんよ」と言下に否定した。

     吉本で何が起きているのか。8月1日(木)発売の「週刊文春」では、安倍官邸と吉本興業の関係や、松本人志・大崎会長ラインが支配する社内の実態について7ページにわたり特集している。

    7/31(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00013094-bunshun-ent

    1 Egg ★ 2019/07/31(水) 16:09:04.22
    ※前スレ
    【芸能】<吉本興業・大崎洋会長>加藤浩次に激怒!「絶対に許さない」 ★6
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564584305/


    【【芸能】<吉本興業・大崎洋会長>加藤浩次に激怒!「絶対に許さない」】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)


    加藤の乱も終結を迎えるんですかね(・・;)


    反論した方達が今後どうなるのかが気になりますね!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/30(火) 17:27:58.83 ID:nbjB0IYV9.net

    一連の“吉本騒動”で、「取締役が変わらなかったら会社を辞める」と経営陣に反旗を翻した極楽とんぼの加藤浩次(50)。

    加藤は、23日夜の大崎洋吉本興業会長(66)との会談後、「僕がこういうことを発言したことで、事が大きくなっていることは、本当におわびしたい」と「スッキリ」(日テレ系・26日放送)で発言し、一気にトーンダウン。

    加藤の“盟友”であるナイナイの岡村隆史(49)はラジオ番組で、加藤の行動を「ワイドショーハイになっていた」「吉本にいないといけない人間だ」とコメント。ダウンタウンの松本人志(55)は「加藤のほうから電話もしてくるし(マスコミが望むような)VS構造ではない」と説明。事態は収拾に向かっているように見える。
     
    しかしながら、ハリセンボンの近藤春菜(36)や平成ノブシコブシの吉村崇(39)など、加藤の言動に理解を示した芸人を前に、威勢よく振り上げた拳をへなへなと下ろした格好で、もはや“狂犬”どころか飼い犬同然。これで“加藤の乱”も終結。吉本芸人もテレビも日常を取り戻すかに見えるが、さる吉本関係者はこう話す。

    「吉本は一度でも会社にタテついた人間は絶対に許しません。しばらくは“静観”でしょうが、意趣返しの報復は非情そのもの。吉本内部では、今後、加藤が残留したとしても、徹底的にツブす、あるいは飼い*にするという動きがある」

    サブロー・シロー独立失敗劇の二の舞い

    さらに報復は加藤に同調したり、番組やツイッターで会社批判やギャラへの不服を訴えた芸人にも及ぶ可能性があるという。「芸能人はなぜ干されるのか? 芸能界独占禁止法違反」の著書もあるジャーナリストの星野陽平氏は「かつての太平サブロー・シローの『独立失敗劇』を思い出す」とこう語る。

    漫才ブームでブレークしたものの、東京進出を拒まれたことを不服として1988年4月に吉本から独立した太平サブロー・シロー。89年に東京に個人事務所を設立したが、92年に東京進出を果たした吉本サイドに“共演拒否”などの扱いを受けた結果、仕事は行き詰まり、同年にコンビ解消。独立から5年を経た93年に、サブローは島田紳助とオール巨人に連れられて吉本本社を訪れ「すんまへんでした」と同社幹部に深々と頭を下げ、完全降伏した一件だ。

    「その際、『3カ月はノーギャラ』『今後、吉本への不満を一切口にせず、独立という思想を持たない』『吉本内で独立をする動きのあるタレントがいれば、その説得役を引き受け、それを使命とする』などの7カ条を突きつけられ、約束させられたのです。今回サブローが、吉本への不満をブチまけた若手芸人に対し、“オマエごときがコレ言うか?(中略)気にいらんかったら辞めろよ”と吉本寄りの発言をしたことは、こうした四半世紀前の約束と無関係ではないのです」(星野氏)

    一度でも自分に牙をむいたタレントは絶対に許さず、降伏させ自分の手下に仕立てあげ、体制維持に一役買わせる。吉本の“恐怖政治”極まれりだ。今後、加藤浩次を筆頭とした“反乱分子”に対し、「血の粛清」が始まる。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16853040/
    2019年7月30日 15時16分 日刊ゲンダイDIGITAL


    【【芸能】“加藤の乱”完全鎮圧で…吉本興業に吹き荒れる大粛清の嵐】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    3時間も話していたんですね(´⊙ω⊙`)

    1 幻の右 ★ :2019/07/24(水) 05:57:18.73

    詐欺グループへの闇営業問題から発展した吉本興業の一連の騒動で、「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が23日、東京・新宿の同社東京本部を訪れ、同社の大崎洋会長(65)と面談を行った。自身の退社を含めた話し合いは約3時間に及んだ。一方、会社に不満を持つ若手芸人も加藤に追随する動きを見せており、“加藤の乱”が広がりを見せている。

     加藤はこの日午後6時前に東京・新宿の吉本興業東京本部に到着。厳しい表情で社屋に入った。

     スポニチ本紙の取材では、大崎会長と笠井陽介広報室長の3人で約3時間面談し、退社の意向を伝えた。岡本昭彦社長(52)は同席しなかった。大崎会長は会社に残るよう説得したとみられる。周辺には約100人の報道陣が集まったが、面談後、加藤は気付かれることなく社屋から出た。

     午後10時ごろには都内の自宅に帰宅。報道陣に驚いたような顔を見せたが、「明日(24日)スッキリで話しますか?」と聞かれると「はい」と回答。MCを務める日本テレビ「スッキリ」で内容について語ることを明かした。その表情はほほ笑んだように見えた。

     面談の結論は明らかになっていない。ただ、親しい知人は「加藤さんの性格を考えると、ずっと黙って聞いていることはない。相当の熱を持って、思いの丈を話したはず」と推測。「報道陣に対し表情を崩したのなら、完全に決裂したとは考えにくい。それなりに実りのある話し合いになったのでは」と話した。現段階で大崎会長と岡本社長の退陣は決まっていない。

     加藤は23日午前の「スッキリ」で改めて退社の意向を表明した。22日に開かれた岡本社長の会見内容に憤慨。「僕は今日夕方から大崎会長と話をする。“取締役が代わらない限り会社を辞める”と昨日(の番組で)言ったんで、その旨を伝えます」と述べた。

     会見を通じて、新たな不信感も生まれた。6月24日のミーティングで、岡本社長が宮迫博之(49)と田村亮(47)らに「おまえら、テープ回してないやろな」と発言したとされる点。会見で岡本社長は「冗談だった」と説明し、藤原寛副社長もフォローに回った。だが加藤は「亮に聞いたけど、その場に藤原副社長はいなかったらしい」と暴露した。加藤は「まだ取り繕おうとする会見に見えた」と語った。

     また、岡本氏は会見で、契約解消とした宮迫の処分を撤回し、亮とも契約を継続すると表明。2人に事前連絡せずに発表したが、関係者によると、この日も両者にコンタクトを取っていない。吉本の今後を心配する芸人は「所属タレントとの溝がこれ以上深まらないよう、なるべく早く丁寧に対応するべき」としている。

     ▼加藤の「スッキリ」での発言要旨 なんでこんなぐだぐだなんだ。途中から、「こういった笑いもある」と教えられてるんじゃないかとさえ思った。どういったロジック、論理構築で話をするのかなと思っていましたが、そこになにもなかった。岡本社長は人をどう喝しないように性格を変えていこうと思うって言ってましたが、あの人のリハビリ期間なんか僕は知りません。ここまでのことで責任を取る形が、世の中に対して吉本興業がどう変わったのかを見せられると思う。それが性格を変えるって、50過ぎて性格なんて変わらないでしょう。どっかでまたほころびが出ると思っている。

     ≪スッキリ 視聴率大幅アップ≫加藤が「トップが代わらないなら吉本を辞める」と宣言した22日放送の「スッキリ」の平均視聴率は、10・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。前回放送の19日放送分は6・7%で、3・7ポイントの大幅増。退社する覚悟を明かした“加藤の乱”に大きな注目が集まった。

     ◆加藤 浩次(かとう・こうじ)本名・加藤浩二。1969年(昭44)4月26日生まれ、北海道出身の50歳。劇団で出会った山本圭壱と89年にお笑いコンビ「極楽とんぼ」を結成し、吉本興業入社。90年代に「めちゃ×2イケてるッ!」出演でブレーク。06年から「スッキリ」でMCを務める。俳優としても活躍。趣味はサッカー、スキー。

    スポニチ 2019年07月24日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/24/kiji/20190724s00041000088000c.html


    【【芸能】激論3時間 加藤浩次、吉本・大崎会長に退社申し出 慰留されるも…24日「スッキリ」で報告】の続きを読む


    紳助さんが出てきたのば驚きです(´⊙ω⊙`)

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/24(水) 07:19:59.39

     宮迫博之(雨上がり決死隊)ら吉本興業のタレントが反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題は、事態が収まる気配がない。

     宮迫と田村亮(ロンドンブーツ1号2号)は7月20日に自前で記者会見を開き、「会見したらおまえら全員クビにするからな」といった吉本興業・岡本昭彦社長の冷徹な対応を涙ながらに訴えた。22日には
    その岡本社長が5時間半にも及ぶ会見を開く事態に発展したが、的外れな受け答えに終始。宮迫と田村の契約解除処分は白紙に戻したが、当事者能力のない経営陣の態度に所属芸人たちも不満の態度を隠さず、
    事態は「事務所vs.芸人」の全面戦争の様相を呈している。

     そんな中、暴力団関係者との交際を理由に、2011年に引退した吉本興業の“大物OB”島田紳助氏(63)が「週刊文春デジタル」の取材に応じた。黒のポロシャツ姿で、ロードバイクに乗っていた島田氏は、
    取材班の問いかけにバイクを止め、胸の内を語り始めた。

    「辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん」

     島田氏は今回の事態が起こる直前、じつは宮迫と会っていたという。

    「宮迫はすごい仲良しやし。辞めるって言ったとき、まじで凹んだもんなあ。トラブルが起きる1週間くらい前にも一緒だったんすよ。遊びに来て、みんなで。

    (宮迫には)絶対辞めんなよと。絶対に辞めんなって。辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん。ほんで、吉本に対して、腹立つこともあるやろし、ここはひとつ長いものにはぐるぐる巻きやと。
    先輩たちも心配して動いてるんやから、宮迫も意地を張るなと。わかるけどね、気持ちはわかるし腹立つこともあるけど、元々はお前やぞ。もういっぺん冷静になろうぜと。元々はお前が悪いと。腹立つことも
    いっぱいあると、だからもっと偉なってから言えと。偉くなってもういっぺん喧嘩せいと」

     今回、吉本の大崎洋会長と直接面談し、事態の収拾に動いたダウンタウンの松本人志についてはこう述べた。

    「松本とは全然やり取りしてない。そんな言わんでもわかってくれてるやろし。あいつはやっぱり素晴らしいヤツやから。あいつは男気あるからね。ほんまは大先輩がいるんやけど、現状としてさんまと松本が
    大崎に一番近くて、吉本の中で一番二番のギャラを取ってるイコール力じゃないけども、力のある二人が動かないかんと思って動いてるんやし、すごいええことやと思うわ」

     松本は7月21日、レギュラーを務める「ワイドナショー」(フジテレビ系)に生出演した際に、大崎会長は「これ以上騒動が大きくなるようであれば、進退を考えなければいけない」と話していたと明かしたが、
    松本は「それは僕は全力で止めます。大崎さんがいなかったら僕も辞めるので。うちの兄貴なんで」と述べたことが話題となっていた。この発言について、島田氏はこう語った。

    「『大崎辞めるんだったら俺も辞める』っていう松本の話と、このままでは他の奴が辞めるっていうのとはまた全然別問題やからね。大崎さんが辞めたら吉本辞める、いうのは松本は当然やと思うよね。
    うん。もう兄貴みたいなもんやから。『僕があんのは大崎さんのおかげや』っていうのはあいつの思いやから。そういう思いは正しいし、みんなそんな思いでやってんのと違う?

     大崎クビにしたら会社潰れんで。ほんまに。イメージはどうだか知らんけど実質問題、大崎という人間はカリスマ的な人間だったし、今吉本の中で唯一カリスマがある人間やし、クリエイティブな能力があって
    出世した男やし。タレントの気持ちもよくわかるし。だから松本の“兄貴”っていう言葉がぴったりだと思うよ。何で兄貴って言うんだと言ったら本当に兄貴みたいな存在なんですよ。だから今吉本の大崎が辞めたら、
    松本も辞めるって言うけども、大崎辞めたら吉本も潰れるから辞めんでもなくなるで。真面目な話、大崎が辞めたらみんな辞めますわ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00012987-bunshun-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00012987-bunshun-ent&p=2

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1が立った日時:2019/07/24(水) 06:19:56.02

    前スレ
    【芸能】島田紳助が激白「松本の発言は別問題やから。でも大崎クビにしたら会社潰れんで」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563916796/


    【【芸能】島田紳助が激白「松本の発言は別問題やから。でも大崎クビにしたら会社潰れんで」】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    明日のスッキリで答えが出ますね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    1 豆次郎 ★ :2019/07/23(火) 21:56:00.82

    7/23(火) 21:50配信
    デイリースポーツ

     極楽とんぼ・加藤浩次(50)が23日夜、東京・新宿の吉本興業本部で同社の大崎洋会長と話し合いを持ち、都内の自宅に戻った。「明日番組(スッキリ)で話しますか?」という記者の問いかけに、「はい」とだけ返答した。

     加藤は、岡本昭彦社長、大崎会長という経営陣が刷新されなければ、「吉本を辞める」と明言しており、動向が注目を集めている。

     加藤は午後5時50分ごろ、1人で吉本に到着。テレビカメラ含め、報道陣約100人が待ち構える中、タクシーを降りた。青いスーツ姿に革靴で、タクシーを降り、報道陣の方を一瞬見やり、会釈。険しい表情で社内に向かった。

     加藤は22日、日本テレビ系「スッキリ」で、経営陣が変わらなければ「吉本を辞める」と表明。岡本社長の会見から一夜明けた23日の同番組でも、この日夕方に大崎会長と会談することを明かした上で、「『取締役が変わらない限り会社辞める』って昨日(のテレビでも)言ったんで、その旨、伝えようと思ってます」と重ねて、経営陣に退任を迫る覚悟を表明していた。

     また、「僕が芸能界でどうなるかはそれから」「僕は気持ちとして決まってるんで」とも語っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000148-dal-ent


    【【吉本興業】加藤浩次 大崎会長とのトップ会談終え帰宅 明日スッキリで話す?に「はい」】の続きを読む

    このページのトップヘ