芸能・速達まとめたる

最新の芸能ニュースはこちら。芸能ニュース記事一覧。熱愛、結婚、破局、ゴシップネタなど、注目の人物にまつわる情報をお届けします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    カテゴリ:お笑い芸人 > 松本人志(ダウンタウン)


    あーってメンバーですね(゚ω゚)

    最強なのかはどうか分からないですが。


    宮迫さんはいないんですね。

    1 ひかり ★ :2019/09/08(日) 14:45:32.21 ID:JDBGcIhT9.net

     お笑いタレント・たむらけんじ(46)が8日、自身のツイッターを更新し、この日56歳の誕生日を迎えた「ダウンタウン」の
    松本人志のバースデーパーティーの写真を公開した。

     たむらは「松本さん!ハッピーバースデー!!」と主役の松本や、木村祐一(56)、藤本敏史(48)、宮川大輔(46)ら
    豪華メンバーとの写真をアップ。

     宮川も自身のインスタに「松本さん#お誕生日会#56歳#おめでとうございます!」と祝福の言葉をつづった。また、松本の似顔絵つきの
    バースデーケーキの写真も投稿した。

     コメント欄には「松っちゃんお誕生日おめでとうございます」「最強メンバーですね!!」「めっちゃナイスショットです」
    「松本人志さん大好きです ところでどうして浜田さんは居ないんでしょう?」などの声が寄せられた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000112-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】松本人志、誕生日パーティーにキム兄、フジモン、たむけん、宮川大輔ら集結「最強メンバー」など反響】の続きを読む


    お兄さんが設立なんですね(・Д・)

    泣きですか。


    なんかそれはそれでしんどそうな感じですね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    1 湛然 ★ :2019/09/01(日) 07:32:00.22 ID:T9G+hx0q9.net

    2019.09.01
    「松本興業」松ちゃん兄が設立へ 「笑い」ではなく「泣き」を売りに
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/09/01/0012658967.shtml

    似てますが、違います。「シンガーソング泣イター」松本隆博(提供)

    (出典 i.daily.jp)



     ダウンタウンの松本人志(55)の実兄で、シンガーソングライターの松本隆博(58)が、自称「泣きの総合商社」である「松本興業」を立ち上げることが31日、分かった。「涙活」発案者との共同代表というスタイルで、「笑い」を専門とする吉本興業とは一線を画し、新会社は「泣き」を売りに。漫才の頂上決戦である「M-1グランプリ」に対抗し、「N(泣き)-1ぐらんぷり」の開催をもくろんでいる。

     日本中を驚かせた松っちゃんの構想が、兄の手によって“実現”する。松本人志は7月20日、吉本興業の大崎洋会長(66)、岡本昭彦社長(52)と、同社東京本部で会談。に対し、スキャンダルなどで処分を受けた後輩らを救済するために、同社内に新たな部署「松本興業」を作ってほしいと要望していた。

     翌21日のフジテレビ系「ワイドナショー」では、「そこでやらかした子やイエローカードの子を引き取るから、“保証人”じゃないけど、生かしたってくれって」と発言。これに対し、岡本社長も22日に開いた会見で検討課題とする方針を示していた。

     だが吉本に先駆け、松本の兄・隆博が「松本興業」を設立させることになった。家族の絆や感謝の大切さを歌ってきた隆博は、涙で気持ちをデトックスする「涙活」の発案者・寺井広樹氏(39)と出会い、意気投合。「もっと組織を整え、『泣きのエンターテインメント』を極めよう」と、寺井氏を共同代表とした設立に至った。

     折しも、反社会的勢力からの金銭授受に端を発した吉本興業の「お家騒動」が世間の話題をさらっていたころ。「社名の案は最初からあったけど、これしかない!」と即決したが、人志にはまだ伝えていないという。

     “所属タレント”には「涙ソムリエ」や泣ける話に特化した人情噺家「泣語家(なくごか)」、涙の紙芝居師らが名を連ねる。顧問には名曲「会いたい」を歌った「泣き歌の女王」こと沢田知可子(56)を迎え、泣ける話芸の決定戦「N-1ぐらんぷり」の開催も模索。隆博は「笑いより泣きの方が向いていると薄々感じている芸人さんにはぜひ、うちに来てほしい。すべて『光営業』です!儲けは少ないですが…」と話した。


    (おわり)


    【【芸能】「松本興業」松ちゃん兄が設立へ 「笑い」ではなく「泣き」を売りに】の続きを読む


    美人さんだと思います(゚ω゚)

    ポーズが少しクセがある感じですが。

    1 ひぃぃ ★ :2019/08/29(木) 19:19:19.13 ID:6ghh6FPm9.net

    ダウンタウンの松本人志(55歳)が8月28日、自身のTwitterで、母親の若い頃の写真を披露している。

    松本の母親は、かつてテレビで親子漫才をしたこともあるなど、古くからのダウンタウンファンにはおなじみの存在。この日、松本は「オカンですって?!」とのコメントと共に、若い頃のかわいらしい母親が写ったモノクロ写真を投稿した。

    これにファンからは「お母さん美人!」「笑いの天才を生んだ秋子さんだ」「べっぴんさんじゃないですか」「ポーズもいいしおしゃれ」「昔、おかんと漫才されてたことありましたね(笑)」「子供の頃の松本さんとの写真も見てみたいです」などの声が上がっている。

    2019年8月29日 13時21分 ナリナリドットコム
    https://news.livedoor.com/article/detail/16999931/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】松ちゃんの“若い頃のオカン”写真に反響】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    殴られた方が20代の方といえ、いきなり殴られるとは思わないですよね(・・;)

    しかも高速で降りてくること自体想定外だっと思いますし、喧嘩をしたことがない人なら尚更どうすることも出来なくて固まってしまいますね。


    1 ひかり ★ :2019/08/25(日) 12:40:37.19 ID:oIwc/fje9.net

     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が25日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。茨城県守谷市の常磐自動車道で
    起きたあおり運転殴打事件について言及した。

     連日のように報道されている今回の事件。松本は「殴っているシーンはもうええんちゃうかなって思う。1回、娘と見ていて、もう見せたくないと思って
    見るのをやめた。5発殴るのをフルで見せる必要はあんのかな。『RIZIN』をリアルタイムでオンエアせえへんくせにさあ…」と、ジョークも交えつつ、
    宮崎容疑者の暴行シーンが放送され続けていることへの違和感を口にした。

     また「問題提起になっちゃうんですけど」と前置きしつつ「(車を)止めさせられて、窓を開けるのもそもそもあってはいけないんですけど、僕は、
    個人的には5発も殴られて、果たして我慢しないといけないのかなあと思ってしまいましたけどね」と持論も。

     さらに「暴力に対して絶対に暴力はいけないってなるんですけど、もっといかれて、意識飛ぶくらいまでいって、同乗者に何か被害があった時にどうするんだろうって。
    彼女や家族を守るために、5発も殴られるのを我慢する必要ってあるのかなって思いましたけど」と続けた。

     暴力に耐えることで、さらに行為が続くかもしれないとし、それが「トラウマになるかもしれない」とも。「2人はカップルか分からないですけど、
    この先どうなるんやろうって、2人でドライブできんのかなって思ってしまう」と、暴力を受けた運転手の“傷”をおもんぱかりながら、耐え続けた場合の
    肉体的、精神的なダメージについて私見を述べた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000168-spnannex-ent


    (出典 gochamaz.com)


    【【芸能】松本人志 あおり殴打で私見「5発殴られて、我慢しないといけないのか」】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)


    結局誰も止めることなかったですね。


    加藤さんの知名度を考えたら止められるのは当たり前ですよね。

    1 幻の右 ★ :2019/08/19(月) 16:11:44.68 ID:0uD8JqFu9.net

    反社会的勢力の会合に出席し金銭を受け取った宮迫博之(雨上がり決死隊)らが、所属していた吉本興業の岡本昭彦社長らから圧力を受けたと公表し、吉本芸人が分裂危機に陥っていると報じられている。

     会社側と芸人の対立が世間の目に映るかたちで繰り広げられるなか、吉本からの退社を示唆したのが松本人志(ダウンタウン)と加藤浩次(極楽とんぼ)だ。松本は7月、自身がMCを務めるテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)内で、「僕はちょっと吉本興業にはいたくないかもって言いました。考えさせてくださいと。こんな会社じゃ絶対ダメだと思うから」と発言。加藤も『スッキリ』(日本テレビ系)内で「この体制、今の社長、会長体制が続くのなら僕は吉本興業を辞める」と断言。その翌日、吉本の大崎洋会長と約3時間にわたって面会した。

    「松本に関しては、大崎会長はデビュー当時から長年ダウンタウンのマネージャーを務めていた恩人ということもあり、大崎体制が続くことに異論はない。一方、加藤は大崎会長と岡本社長の退任を求めており、両者の間には温度差があります」(週刊誌記者)

     そんな加藤の覚悟ある発言だが、社内では意外にも賛同する声は少ないようだ。

    「加藤さんは絶対に吉本を辞めないし、止められるとわかっているからこそ『辞める』発言ができるんですよ。レギュラー番組もなく世間に認知されている程度の芸人は、おいそれと『辞める』なんて言えませんよ。稼ぎも人脈もあるなら今回の騒動で吉本を辞めたらいいのに、なんて思いますけど。加藤さんのやめる発言は“ポーズ”なんで、メディアのほうもわざわざ反応しなくていいと思います」(芸人)

    吉本社内からの意外な反応
     吉本の社員たちも、世間の反応とは逆に冷静だ。マネージャーの吉本社員は語る。

    「辞める気なんてさらさらないのに『辞める』って言うのが芸人ですし、ボケとしかとらえてないです。吉本のマネージャーはひとりで何組もの芸人を抱えて激務なことで有名ですが、通常業務に加えて騒動の対応もしなければならず、ただただ迷惑。加藤も松本も含めて、辞めたい芸人はさっさと辞めればいい。加藤なんてあれだけ威勢のいいことを言って、結局辞めてない。社内では“辞める辞める詐欺”なんて言われてますよ」

    加藤はその後、『スッキリ』内で、吉本が経営アドバイザリー委員会の設置を発表したことについて触れ、「僕もそこに意見できるんだったら、させてもらいたい。どうなるのか、見届けたいという気持ちはある」と発言。続けて「僕が発言したことで事が大きくなっているのは、お詫びと謝罪をしたいと思うんです。ここまで大きくなってしまっているというのは。ただ、会社が良い方向に向かうことに関しては本当に僕も賛成なんですよ」と退所の意思を保留した。

     一方、加藤が要求していた岡本社長の退任はあるのだろうか。


    「吉本の関連会社はたくさんありますし、テレビ局とのつながりも多いので、岡本社長は退任しても、受け皿は用意されている。辞めようが辞めまいが、身分は保証されているんです。でも、大崎会長は絶対に岡本社長を切らないでしょう。それはひとえに、大崎会長にとって岡本社長は都合の良い存在だからです。大崎会長は、かつて吉本とかかわりの深かった反社勢力との関係を断つために、創業家を排除するところまで徹底的にやって、ものすごい苦労をした。その裏の裏まで知っている岡本社長を、大崎会長が手放すことはありません」(吉本関係者)

     吉本が変わる日は来るのだろうか。

    (文=編集部)2019.08.17
    https://biz-journal.jp/2019/08/post_114529.html


    【【芸能】松本人志と加藤浩次に、吉本社内から「さっさと辞めろ」「辞める辞める詐欺」と非難続出】の続きを読む

    このページのトップヘ